パワーストーン活用法・タンブルがお守りに変身

シェアする

パワーストーンを手にしたら、
見てるだけでは物足りなくなりますね。
その力を役にたててみたくなります。

簡単に出来るパワーストーンの活用法を紹介します。

パワーストーンのタンブルを御守りにして持ち歩くというものです。

これをお守り石と呼んでます。
お守り石?なにそれ? と思うかもしれません。
僕が勝手に呼んでいるだけです。

パワーストーンのタンブルを小さな袋に入れて身近なところに置いたり、身につけたりする事です。

同じようなことをしている人は多いとは思います。
もっとよい呼び方があるのかもしれませんが 僕はこの言い方が呼びやすいのでお守り石と呼んでいます。

スポンサーリンク

パワーストーン活用法・タンブルを御守りにしよう

小さな袋に、数個の石をいれて持ち歩いてます。 袋の外観はこんな感じです。

omamori02

袋はパワーストーンのお店でよく売ってるフェルト製のきんちゃくですね。

中にはこれらの石を入れています。

omamori01

今回はタイガーアイ、レッドタイガーアイ、ホークスアイの三個です。
もちろん、石それぞれに意味が込められていて自分に必要な石を入れています。

神社で頂いたお守りを身につけるような感覚で、パワーストーンを活用するんですね。
ただ、神社でいただくお守りと違う事があります。
お守りにはあらかじめご利益が定められています。 交通安全とか家内安全とか商売繁盛とか。 お守りを持つことによってそれぞれの神様のご利益を分けて頂くというものだと思います。

でも、お守り石には最初から神社でいただくお守りの様なパワーはないと思っています。

それでも、お守り石を持つことには意味があるんです。

これからお守り石に込められた想いと活用方法についてお話したいと想います。

今日のところはひとまず失礼させて頂きます。  

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする