ブルーレースアゲートは癒しをもたらす石

シェアする

石英の仲間はいろいろな形や色、模様の物があってなかなか飽きの来ない石です。

私の好きなグループです。 その中でもメノウは色や模様が豊富で面白い石です。

あまり高価なものではありませんし、パワーストーンの中でもありふれたものと思われていますが、なかなか奥が深いものです。

今回はその中から「ブルーレースアゲート」を紹介します。 

ブルーレースアゲート

淡い青い色と白い筋がが縞々になったアゲートが「ブルーレスアゲート」です。 おなじ青い色でもしまになってなければ「ブルーカルセドニー」になります。

日本ではアゲートとカルセドニーを区別しないことがよくあるのですが、石が好きならちゃんと区別したいところです。 あなただって日本人ならのに中国人(欧米の人には日本人も中国人も同じに見えるそうです)といわれたら気分が悪いでしょう?

さて、このしましまは石が出来るときの状態によってしまになったりならなかったりするそうです。地層の様なものです。 青い色は金属イオンのせいだとも言われています。鉄やチタン等が含まれているとこのような青い色になるそうです。

bluelaceagate

メノウの仲間は色がついていても半透明な事が多く、色も淡いものが多いですね。それがまた神秘的な感じを出してくれます。 清らかで涼しげな色合いのせいでしょうか、パワーストーンとしては癒しや心の落ち着きを与えてくれる石として扱われることが多いようです。

私もこの色合いの石は好きでタンブルを小さな袋に入れて持ち歩いています。 なんとなく落ち着くんですよね。 パワーストーンの世界ではこの「なんとなく」が大事です。 科学で証明できないものですから、具体的な効果なんて説明できるわけがありません。 あなたの心がどうとらえるかで石のよしあしが決まるものだと思うのです。

ところで ブルーレースアゲート は最近は良質なものがだんだん少なくなっているそうです。 いい物を見つけたら買っておいたほうがいいかもしれません。 あとで、何て思ってると手に入らなくなる事もあるかもしれませんから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする