グリーンファントムクォーツ・水晶の中に映る景色

シェアする

ファントムクォーツ

透明な水晶の中に山のような模様のある水晶。

水晶の成長が止まり、結晶の表面に不純物がたまったあと。成長が再開。
それをくりかえすことで山の様な模様ができるのです。

山模様はかつての結晶の先端部分だったんですね。

普通のファントムクォーツは白ですが。
不純物が混ざると色が付きます。

ファントムの名前

ファントムクォーツ(phantom quartz)といいます。ファントムとは「幻影」の意味。
日本では「山入り水晶」といいます。

昔の人は水晶の中にヨーロッパでは「幻影」、日本では「風景」を見たのですね。
境界線があいまいになると、ゴーストクォーツ、幽霊水晶と呼ぶこともあります。

ファントムに色が付いたものはカラーファントムといいます。
赤、緑、紫、さまざまです。
緑色のものはグリーンファントムという名前でよばれます。

どうして緑なの?

水晶が出来るときクローライト(緑泥石)が中に入ったものはガーデンクォーツと呼ばれます。
結晶の表面にクローライトが付いた後、成長が再開すると。
クローライトが山の様な模様に見えるんですね。

クロムが入ったものも緑色になります。

クローライトの方が色が濃いのが特徴です。

どちらも珍しいので、白い通常のファントムクォーツよりも高価です。

グリーンファントム

スポンサーリンク

ファントムクォーツの象徴する意味

一度止まった成長が再び始まることから、停滞したものを克服する意味が込められています。
困難を乗り越えるとき。止まってしまった状況を先に進めたいとき。
商売・仕事・子供の成長を願って、 ファントムクォーツ を身につけることが多いです。

透明度の高いもの、山の数が多いほど価値が高いとされています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする